プロフィール

 

 

はじめまして

こんにちは。

リンパドレナージュサロン 〜タンカルム〜 の木村順子です

ご訪問ありがとうございます。

 

サロン名の タンカルム とは。。。

フランス語で、「穏やかな時間」という意味です。

私のサロンにいらしたお客様皆様に、穏やかな優しい時間を過ごしていただきたい。

そんな想いを込めて、サロン名を決めました。

今日は、私の自己紹介をさせていただきますね。

 

1971年、千葉県松戸生まれ。
2歳から小5まで茨城県の自然いっぱいの環境で、育ちました。

 

小1の時、怪我で初めて入院経験をし、
それがきっかけで、身体のしくみに興味を持ち始めました。

 

小4の時、右膝の痛みと違和感を感じるようになり、
診断の結果「オスグッドシュラッター病」が発覚。
一切スポーツ禁止!!ドクターストップがかかり
幼稚園時から通っていたクラシックバレエを断念することに。。。

 

ますます身体のしくみに興味を持つようになり、
将来の夢は ✨看護

しかし、病弱だった為、両親の猛反対により、断念。。。

 

高校卒業後、販売の道へ進み、
老舗百貨店に入職。
冠婚葬祭マナーや接遇などを習得し、
天職かも〜♫と思うほど、楽しい日々を過ごしました。

 

21歳の時、父が大手術の為、入院をし
管理栄養士の栄養指導を受ける機会があり、栄養学にも興味を持ち始めました。

 

27歳の時に、どうしても病院で働きたい気持ちが諦め切れず
ナースアシスタントとして都内の救急病院に就職をしました。
多忙な毎日を過ごし、患者様との時間が楽しく充実した日々を過ごしました。

 

ある時、通院に来たろう者(聴覚障がい者)に出逢い
初めて手話にも出逢いました。

窓口などでの対応の時、初めは筆談で対応していましたが、

「この人の言語である手話でこの人とお話がしたい」

と会う度に思うようになり、

独学で手話の本を購入し、勉強を始めました。

まずはその方の名前の表現や、

「採血」「レントゲン」「尿検査」「診察」など必要な単語を覚えました

この頃に手話通訳という仕事があることを知り、手話にますます興味を持ちました。

平成17年、手話を学ぶため
地域の手話通訳養成講習会に3年間通い始め、登録試験に合格。
平成20〜25年、手話通訳として地域登録
平成21年〜 手話関連団体役員

今も手話や聴覚に障がいをお持ちの方々との交流を大切にしたいので

地域で手話活動は続けさせていただいております。

 

ずっと立ち仕事をしてきた私は、いつも足のむくみに悩まされました。

ふくらはぎはパンパン、足の裏と甲は痛くてたまらない

慢性の肩こりで身体は冷え冷え。。。。

この身体、なんとかしなくっちゃ。

マッサージしてもらうと、必ず揉み返しがきて、痛い施術もいやだし。

と、思っていた矢先に、左足を怪我をしてしまいました。

診断結果は、左膝前十字靭帯損傷
左膝前十字靭帯再建術という手術をし、

術後、左足だけがみるみるうちに筋肉が落ち、筋力も低下

ますますむくみやすい足に。。。

リハビリを頑張るのは勿論の事、なんとかせねば。。。

いろいろ調べているうちにリンパという言葉に出逢いました。

自己流で足を摩ったり、足裏揉んだりしてみたけれど

一時的でなかなか改善されず。。。

勉強が必要と考えました

まずは、自分の足ケアの為に学びたい

そんな時に、探し辿り着いたのが。。。

リンパドレナージュだったのです。

 

全く痛くない、優しい施術。

滞っていたものが流れるってこういうことなのかと感動

学んで技術を身につけたい!!

母の膝痛や肩痛を治してあげたい!!

家族の首こり痛などの痛みを緩和させてあげたい!!

そんなふうに思うようになりました。

私と同じようなお悩みをお持ちの方々のお役に立ちたい!!

そんな思いからリンパドレナージュセラピストになりました

「体質だから仕方が無い。。。」と、諦めているお悩みはありませんか??

あなたの元気を取り戻しましょう✨

お会い出来るのを楽しみにしています。

【取得資格】

ITEC国際ライセンス リンパドレナージュ取得

タイド・リンパカレッジ 卒業

リンパドレナージュ ベーシックコース ディプロマ取得

リンパ整顔コース ディプロマ取得

セラピストネット 漢方養生アドバイザー初級・上級修了

国際リンパドレナージュセラピスト協会会員